HOME > お知らせ > くまもと県民カレッジ主催講座で講師として講義を行いました

お知らせ

くまもと県民カレッジ主催講座で講師として講義を行いました

2020年02月05日 更新

 くまもと県民交流館パレアにて、くまもと県民カレッジ主催講座の講師として、講義を行いました。
1月20日はセンター長の矢田部が「ストレスで変化するこころとからだ〜誰にでも起こりうる反応〜、1月27日は臨床心理士の吉川が「こころの健康を守るために〜セルフケアを学ぼう〜」、2月3日は保健師の桑村が「身近な人を支えるゲートキーパーの役割〜り・は・あ・さ・る〜」のテーマで行いました。
講義の中ではセルフケアをやってみたり、話の聴き方についてのロールプレイをするなど真剣に取り組まれる様子が窺えました。参加者からは「セルフケアを学ぶことができてよかった」「傾聴する大切さを理解することができてよかった」等の声が聞かれました。